山口県 澄川酒造場「東洋美人」

1921年(大正10年)創業。山形県の日本を代表する銘柄、十四代の高木顕統氏から教えを請い、今でも酒造りに真摯に取り組んでいます。その結果もあり、ワールドカップの公認酒や日ロ首脳会談で提供されるなど、様々な場所で活躍する日本酒です。

お酒は「稲をくぐり抜けた水」でありたい。華やかな香りと濃醇な米の旨み、甘み、それでいて上品で綺麗な味わいは、多くの日本酒ファンを魅了しています。

東北

伯楽星・あたごのまつ 赤武 月の輪 ゆきの美人 楯野川
マルマス米鶴 陸奥八仙 墨廼江 萩の鶴 自然郷・楽器正宗 寫楽・宮泉

関東・北陸甲信越

明鏡止水 亀の海 加茂錦 久保田 八海山 根知男山
早瀬浦 菊姫 農口尚彦研究所 黒龍・九頭龍 紗利 羽根屋 鳳凰美田

東海・関西

醴泉 金花水・山ノ湊 三千盛 喜楽長 義侠 醸し人九平治 松の司 初亀
磯自慢 正雪 瀧自慢 澤屋まつもと

中国・四国・九州

土佐しらぎく 東一 美丈夫 酔鯨 東洋美人