宮城県 新澤醸造「伯楽星・あたごのまつ」

1873年(明治6年)創業。東日本大震災の影響で蔵が全壊し、大崎市で約140年続けていた酒造りを現在では山形県との県境、川崎町にて行っています。「究極の食中酒」をキーワードに、食事に寄り添い、1杯目のインパクトよりも気が付けば2杯、3杯と進んでいるお酒。香りも味わいも食事の邪魔をせず、むしろ食事を引き立ててくれます。その酒質をより磨き上げるための設備投資や技術努力は一切惜しまず、私たちの食事に寄り添うお酒造りを行っています。

東北

伯楽星・あたごのまつ 赤武 月の輪 ゆきの美人 楯野川
マルマス米鶴 陸奥八仙 墨廼江 萩の鶴 自然郷・楽器正宗 寫楽・宮泉

関東・北陸甲信越

明鏡止水 亀の海 加茂錦 久保田 八海山 根知男山
早瀬浦 菊姫 農口尚彦研究所 黒龍・九頭龍 紗利 羽根屋 鳳凰美田

東海・関西

醴泉 金花水・山ノ湊 三千盛 喜楽長 義侠 醸し人九平治 松の司 初亀
磯自慢 正雪 瀧自慢 澤屋まつもと

中国・四国・九州

土佐しらぎく 東一 美丈夫 酔鯨 東洋美人