山梨県 勝沼醸造「アルガ・ブランカ、アルガーノなど」

1937年創業。日本で一番多くのワイン生産量を誇る山梨県。その中で、日本の白ワインを世界的なレベルにまで押し上げたと言っても過言ではないワイナリーです。日本固有の品種「甲州」をメインに、「甲州」の良さをより押し出すためのシュールリーでの製法を取り入れるなど日本だけに留まらず世界に目を向けたワイン造りに取り組んでいます。さらに近年では、ワイナリーで醸造担当をする専務の尽力もあり、白ワインの評価に隠れがちだった赤ワインの品質が向上し、評価に繋がっています。

ワサビ、醤油、ポン酢など和食によく合うワインたち。葡萄のエキス、エネルギーを大事に、ワインにダイレクトに表現されています。

勝沼醸造「アルガ・ブランカ、アルガーノなど」
九重雑賀「雑賀 梅酒」
城陽酒造「青谷の梅」